創業明治二十六年

 

 HOME

13 ポスターコンテスト 「百人一首〜夏の歌」
応募終了いたしました

JAM日本アニメ・マンガ専門学校の生徒さんが真剣にイラストレーションを学んでいます。 新潟の四季や催事記にちなんだポスターをお願いしております。



NO1 遠藤美幸

NO2 古俣千夏

NO3 佐藤楓華


 

NO4 鈴木その子



 

NO5 高橋風子


NO6 土橋克文


 

NO7 永井涼音


NO8 中浜佳乃子


 

NO9 比古咲希


 

NO10 星野智愛


NO11 堀内楓

NO12 渡邊春香

 
H28/08 第33回  私の新潟・夏
H28/05 第32回 母の日
H28/03 第31回 私の新潟100選・春
H27/12 第30回 私の新潟100選・冬
H27/10 第29回  私の新潟100選・秋
H27/02 第28回  私の新潟100選・夏
H27/06 第27回  父の日ギフト
H27/02 第26回 春ギフト
H26/12 第25回 冬ギフト
H26/10 第24回 秋ギフト
H26/08 第23回 夏ギフト
H26/06 第22回 父の日
H26/01 第21回 鳥獣戯画オマージュ 春
H25/12 第20回 鳥獣戯画オマージュ 冬
H25/10 第19回 鳥獣戯画オマージュ 秋
H25/08 第18回 鳥獣戯画オマージュ 夏
H25/06 第17回 父の日
H25/02   第16回 百人一首〜春の歌
H24/12   第15回 百人一首〜冬の歌
H24/10   第14回 百人一首〜秋の歌
H24/07   第13回 百人一首〜夏の歌
H24/05   第12回 母の日
H24/02   第11回 良寛の詩 春
H23/12   第10回 良寛の詩 冬
H23/09   第9回 良寛の詩 秋 
H23/08   第8回 良寛の詩 夏
H23/06   第7回 父の日
H23/05   第6回 母の日
H23/04   第5回 新潟の春
H23/02   第4回 新潟の早春
H22/12   第3回 新潟の冬
H22/10   第2回 新潟の秋
H22/08   第1回 新潟の夏
 
  NO1 遠藤 美幸さん作



 

わが袖は 潮干に見えぬ 沖の石の
人こそ知らね かわく間もなし 

                            二乗院讃岐

 

NO2 小俣 千夏さん作



 

音に聞く 高師の浜の あだ波は 
かけじや袖の ぬれもこそすれ

                祐子内親王家紀伊
NO3 佐藤 楓華さん作



 

来ぬ人を まつほの浦の 夕なぎに
焼くや藻塩の  身もこがれつつ

                         権中納言定家

 
NO4 鈴木 その枝さん作


 

  みかの原 わきて流るる 泉川
  いつ見きとてか 恋しかるらむ

                       中納言兼輔

 

NO5 高橋 風子さん作


 

  わたの原 漕ぎ出でて見れば ひさかたの
  雲居にまがふ 沖つ白波
 
                 法性寺入道前閣白太政大臣

 

NO6 土橋 克文さん作



 

ほととぎす 鳴きつる方を ながむれば
ただ有明の 月ぞ残れる

                          後徳大寺左大臣

 

NO7 永井 涼音さん作



 

  由良のとを 渡る舟人 かぢを絶え 
  ゆくへも知らぬ 恋の道かな

                              曾禰好忠

 

NO8 中浜 佳乃子さん作



 

難波潟 みじかき芦の ふしの間も 
逢はでこの世を 過ぐしてよとや

                                    伊勢

 

NO9 比古咲 希さん作



 

  春すぎて 夏来にけらし 白妙の 
  衣ほすてふ  天の香具山

                            持統天皇

 

NO10 星野 智愛さん作


 

 

ポスターコンテスト
「百人一首 夏の歌」
投票の結果 
NO10  星野智愛さんの
作品が、最多票でした。

  風そよぐ ならの小川の 夕暮れは 
  みそぎぞ夏の しるしなりける

                              従二位家隆



 

NO11 堀内 楓さん作



 






めぐりあひて 見しやそれとも わかぬ間に 
雲がくれにし 夜半の月かな

                                        紫式部
NO12 渡邊 春香さん作



 






夏の夜は まだ宵ながら 明けぬるを 
雲のいづこに 月宿るらむ

                               清原深養父

 

有限会社 小川屋 
〒951-8063 新潟市中央区古町通5-611 
お問い合わせ こちらから
TEL 0120-229-011  FAX 0120-206-831 AM 9:30〜PM 6:30  定休日 水曜日(中元・歳暮時は無休)