創業明治二十六年

 

 HOME 社長の部屋 ためしてみたら「 本葛のマル秘レシピ」
鮭鱒研究会 四季の味発掘隊 昔の味伝承会 美と健康研究会 旧暦のご紹介 良寛さまと乾杯 

JAMの生徒さん達のポスターコンテスト ためしてみたら 新潟の様子 小川屋のおすすめサイト


ためしてみたら 本葛のマル秘レシピ  
03.09.08

 

先日、九州の知人から廣久葛本舗さんの「葛の詰合」を頂戴いたしました。あんまり見事なので、ご紹介いたします。

中心に3袋あるのが「本葛」。両端は「葛そうめん」12袋入。上に見える小袋が「くず湯」。小豆、生姜、黒糖、白糖、珈琲の5種類

 


葛料理をご紹介した「栞」とともに、お店には出さない「まかない用の裏メニュー」が
お手紙に添えられていました。廣久葛本舗の先代奥様直伝の、マル秘レシピです。
バテた身体にやさしい「葛の冷た〜いお菓子」との事で、早速作ってみました。
 

  素朴な味わいで、美味しかったです。

 
3〜4人前
本葛 1/2カップ  水 2カップ弱  砂糖 大さじ2
鍋に材料を入れ 中火にして 木べラでかき混ぜ続けます。
しばらくするとトロトロになり、葛に透明感が出てきます。更に1分かき混ぜます。手を休めないで、つやが出てきたら出来あがり。
大量の氷を入れた氷水を用意します。
スプーンで葛を取り、入れて行きます。スプーンを水でぬらすとスムーズに落とせます)
適当に冷えましたら、水からすくい取って3個ほど器に入れ、黒蜜・きなこ・抹茶などお好みの味で食べてください。
ツルンとした喉ごしがうれしいです。
あまり冷やし過ぎると透明感がなくなり、固くなってしまうそうです。 

 

  「葛そうめん」

 
鍋にたっぷりの湯を沸かし、沸騰したら葛そうめんを入れます。

時々、はしを入れ、さばきます。

5〜6分でゆであがりです。
ゆであがったら、ザルにとってお湯を切り大量の水でよく洗います。
氷水に浮かせて、出来上がり。
タレは、近所のスーパーでかいました。

美味しかったです。

本葛にご興味をもたれた方は、廣久葛本舗さんのホームページへどうぞ  http://www.kyusuke.co.jp/




新潟 小川屋 
〒951-8063 新潟市中央区古町通5-611  お問い合わせ こちらから
TEL 0120-229-011  FAX 0120-206-831 AM 9:30〜PM 6:30  定休日 水曜日(中元・歳暮時は無休)