創業明治二十六年

 

 

HOME

商品のご案内

ご進物

さかな倶楽部
焼漬セット
魚介粕漬
魚介塩漬
紅ます三色粕糀漬
熟成紅ます
びん詰合
味くらべ
ふるまち
味楽流セット
いちじく甘露煮
 

ご家庭用

魚介粕漬と塩漬
 (鮭・鱈子・筋子)
魚介切り身
焼漬
海の幸・山の幸
 
ご注文方
FAXでご注文
 先様お届け用紙
 ご自宅お届け用紙
本店のご案内
本店スタッフ
左甚五郎の狛犬
のし紙のご案内
昔の商品ラベル

アクセス

 
工場の様子
切身パッ ク
時不知鮭
いちじく甘露煮
ふき味噌
鮭の昆布巻
 
 
社長の部屋
鮭は新潟にあり
鮭鱒・研究会
四季の味・発掘隊
昔の味・伝承会
美と健康・研究会
旧暦のご紹介
良寛様と乾杯
ポスターコンテスト
ためしてみたら
新潟の様子
お勧めサイト
ラグビー 
同窓会 論語

 
 
 

羅臼地方の定置網で獲れた「時不知鮭 」

夏場に、とっておきの鮭が獲れます。ふつう鮭は秋にとれますが、夏にとれるので
「時を知らない、時期はずれ」という意味から「時不知鮭・ときしらずさけ」という
名前がついております。時不知鮭もとれた場所、時期によっていろいろな種類がござい
ますが、六月下旬から七月初旬に北海道の羅臼地方(らうす)周辺の定置網でとれる
時不知鮭が 、品質の面から最高の評価を得ています。

この鮭は秋にカムチャッカ半島の川に戻るのですが、回遊中に北海道の定置網にかかり
ます。生まれた川に帰るまで3-4月かかりますので、まだ若い鮭ででございます。頭は
小さく、筋子・白子は未熟です。脂が強いので、うろこがはがれやすいです。


               貴重な鮭ですので、一匹で二万円ほどもいたします。




                                         切り方全員でハイポーズ


 

切り身にしてこれからパック詰めにいたします。焼くと脂がほとばしります。

 

有限会社 小川屋  〒951-8063 新潟市中央区古町通5-611
代表 TEL 025-229-0111 FAX 025-222-6831 
営業時間AM 9:30〜PM 6:30  定休日 水曜日(中元・歳暮時は無休)