創業明治二六年

   
 

 
商品のご案内

ご進物

さかな倶楽部
焼漬セット
三色漬
紅ます三色粕糀漬
熟成紅ます
びん詰合
いちじく甘露煮
 

 

 
ご注文方
FAXでご注文
 先様お届け用紙
 ご自宅お届け用紙
本店のご案内
本店スタッフ
左甚五郎の狛犬
のし紙のご案内
昔の商品ラベル
 
 
工場の様子
切身パッ ク
時不知鮭
いちじく甘露煮
ふき味噌
鮭の昆布巻
 
 
社長の部屋
鮭は新潟にあり
鮭鱒・研究会
四季の味・発掘隊
昔の味・伝承会
美と健康・研究会
旧暦のご紹介
良寛様と乾杯
ポスターコンテスト
ためしてみたら
新潟の様子
お勧めサイト
 同窓会 論語
ラグビー
 


 

 

本店のご案内

 〒951-8063
 新潟市中央区古町通6-611

 代表TEL 025-229-0111
    FAX 025-222-6831

 本店定休日   毎週水曜日
 
明治時代、小川駒吉が小川屋を創業いたしました。
お客様のご支持を頂きながら、百年以上、新潟市中央区古町通で商いを続けています。

社是は「自然の恵みに感謝して」。この心を大切に、新潟の銘産品を作り続けてまいりました。
小川屋は、新潟に伝わる、鮭・ます・魚卵への思いを、お届けします。昔の智恵を大切にして、
新しい品を作ります。さらに季節の恵みを、お届けいたします。

今後も、素材の声を聞き、独自の味わいを追求して、創業二百年を目指しますので、
よろしく、お願い申しあげます。

                                  小川屋社長 葉葺正幸

 

 

powered by egmap.jp
 



 


 

 

家宝左甚五郎作 「狛犬」

店内の一番奥には、「左甚五郎」作といわれる「狛犬」がございます。小川屋初代の小川駒吉が、市内のお寺から譲り受けました。正式な鑑定書はございませんが、戦前に内務省の方が新潟に来られたおり、見ていただき「間違いない」と言われたと、聞いております。

 

 

ページTOPへ
 
新潟 小川屋 
〒951-8063 新潟市中央区古町通5-611 
お問い合わせ こちらから
TEL 0120-229-011  FAX 0120-206-831 AM 10:00〜PM 18:00  定休日 水曜日