第十七回 竹田の子守唄

戻る
 

母校のHPへ


          深セン見たまま 第十七回  平成20年3月1日
      
              竹田の子守唄  15期 後藤 卓
 

皆さん元気でお過ごしでしょうね。ひさしぶりの投稿です。ここ珠海市は50年ぶりの寒さだとかで震え上がってい
ます。気温は12度ほどでも暖房が全く無いので部屋は冷え冷えしています。せめて財布の中身が暖かければ
いいのですが・・・種村さんの白新同窓会通信を読むと私と同年代の人たちがご活躍の様子。私はと言えば、
まだ日中を行ったり来たりしています。

 


<
Lover Rd. >

珠海市の海岸通り、情侶路(Lover Rd.)を見下ろす

 

最近は中国で仕事をする若い日本人も多くなってきました。先日私も中国へ渡るべく香港空港のイミグレーションに並んでいました。一旦香港に入国しそれから中国本土へフェリーで向かいます。相変わらず混雑していて、中国人、インド人、台湾人、白人、など国際色ゆたかです。

列の少し前に日本人が二人、20〜40才ぐらいダークなスーツを着ているので日本からの出張者とすぐわかるのです。先輩と後輩らしい、話し声が聞こえます「中国に派遣された日本人は年寄りが多いよ。定年過ぎたような
ジジイ達がいっぱいだ」・・・なに!俺のことか! 思わずムッとして注意しようとしたのですが、思いとどまりました。そんな場所で日本人同士がつかみ合いのケンカをしたら 物笑いの種になるだけですし、若い二人がもし白新
出身だったりしたらエライことになります。

 

<写真夜の蓮花路>

珠海の繁華街 蓮花路(レンホァルウ)夜遅くまで賑わう

 

中国餃子事件はまだ解決していません。食品ではないが中国での物作りに携わる私としては複雑です。センセーショナルに書き立てるマスコミ、それにあおられる日本人、反発する中国人、大声で対立していても何も生まれない。私たち駐在員たちは立場は違いますが、日々地道に問題を一つ一つ解決すべく努力しているつもりです。

中国は旧正月ですからその時期を春節と呼び、休暇になります。若い工員さんたちはほとんど地方からの出稼ぎなのでこの時期は田舎に帰り家族との団欒を楽しむのです。日本のように核家族化が進んでいるわけではなく、父母とお爺さんお婆さんが同居している例が多いようです。
 

年に一度の春節、普段故郷を離れて働いている人たちが一斉に故郷に帰るこの時期の大移動は「春運」と呼ばれいつも大混雑するのです。それを今年は寒波が襲ったのです。交通網などのインフラがまだ完全ではないので列車が止ったり、空港が閉鎖されたり大変だったようです。

 

春節が明ければ新年。私たちの職場でも数百人規模の新年会を行いました。ホテルのレストランなど貸しきり、移動の為のバスも6台使用しました。中国では大切な行事の一つです。アトラクションとして抽選会などと共に
歌も披露するのですが、出演希望者が多すぎるので予選会を行うことになったのです。

 

かなり大きい中国式カラオケ場で予選会が行われ、私もそれに同席する機会があったのです。中国の若者達は物怖じしないと言うか積極的にどんどん自分をアピールします。参加希望者は皆上手いのですが、知らない曲ばかり、・・・ところが突然「竹田の子守唄」が流れたのです。男女のデュエットでした。この曲は日本で放送禁止になった曲です。

 

曲名は「祈祷」(チィダオ) すこし重いイメージですが実際は「祈り」「願い」のような感じでしょう

 

<下手な訳ですみません>

   希望の鐘を鳴らして祈りたい

   皆が失敗せず成功することを

   地球が止り、いつも春、

   宇宙の窓は閉ざされず、沈まない太陽

   悲しみは喜びに変わり、微笑みは続く

   時間を戻して青春を

   貧しさは逃げ出し、楽しさと健康が広がる

   世界の暗黒をなくし幸福が花のように開く

   希望の鐘を鳴らして祈りたい

   皆が失敗せず成功することを

   皆が失敗せず成功することを

 

京都地方の竹田で採譜された「竹田の子守唄」その出自ゆえに大ヒット後封印されると言う数奇な運命をたどったこの曲。「盆が来ても何も嬉しいことはない、私には着る服もない、早く親のもとに帰りたい・・・」

 

某中国系有名歌手によって中国に伝わったらしいのですが、もう昔のこと。歌っている二人はもちろん、その場の全員が本来の意味や日本の歌であることすら知らない。本来の歌詞とすっかり入れ替わりながら中国に根付いているのです。私は現代中国の若者達の置かれている状況を考え不思議な感動を覚えました。結局その歌は落選したらしく本番では歌われませんでした。しかしよく知られた歌のようです。

 

<新年会>

新年会で歌う男女、みな堂々と歌い上手い

 

 

<保税区>

珠海市の郊外にある保税区、私たちの職場もこの中にある


   

このページは,白新中学校同窓会と白新中学校が協力して運営しています。

ご意見ご要望がございましたら,
masa_tanemura@sakai-ltd.co.jp  までメールをいただきたいと思います。

また,このページのURLは変更することがあります。ブックマークは,白新中学校のホームページ

www.hakushin.city-niigata.ed.jp へお願いします。