深セン・見たまま

戻る
第二回・中国入国
第三回・床屋
第四回・タクシー
第五回・月餅
第六回・中国家庭訪問
第七回・反日デモに遭遇
第八回・ヴァイオリンを弾く
第九回・やられた〜
第十回・グラーフ演奏会
第十一回・ついに病院へ
第十二回・板樟山に登る
第十三回・ラーメンを食べる
第十四回・珠海編
第十五回 中山市までのバス旅行
第十六回・保税区の運動会
第十七回 竹田の子守唄
第十八回、四川地震、オリンピック、マカオ
第十九回・中国の郵便事情
第二十回・洞箫(ドンシャオ)
第二十一回・立ち退き反対デモ
第二十二回・開平
 

母校のHPへ


第一回  15期13組 後藤卓

 監事の小川さんはのっけから「私は、大の中国嫌いなのです。礼儀知らずで、覇権主義・・・」と挑発してきました。私はそれは少し違うのではないかと感じ始めてきましたので反論を決意しました。中国は広大ですから各地で状況もいろいろ違うでしょう、私の滞在する地区に限定し「深セン見たまま」とします。なお「セン」は土偏に川と書きますが表示できない可能性がありますので「深セン」といたします。

 
<まずは自己紹介>
 
オーディオ製品を作る会社に勤務しております。他の日本の製造会社と同様、国内生産に限界を感じ中国に進出いたしました。場所は香港に隣接する深セン特別区と言いたいところですが、同じ深センでも少し外れた宝安区です。

私の任務は「当地にネットワークを完成させ日本と中国にまたがる生産システムを確立すること」なんか
カッコいいですが、当の私は実力も無いのにネットワーク管理を任されている「えせ管理者」、ところが当地では「実力者」が日本から来たと身構えているようす(でもすでにバレバレかも)まさにトホホの状態です。
 
<電力事情>

多分電力を供給する当局もがんばっているのでしょうが、発展のスピードが早すぎます。30階以上のビルが竹の子のように次々と出来、暑い地域なのでエアコンの普及も急速なようです。

当地の電力事情については皆悲観的です。これについて当局の打った手とは企業の稼働日の分散化でした。私の職場では土曜休日を強制的に月曜休日に切り替えさせられました。つまり土曜出勤して月曜休日、これを各企業にずらして適用することにより電力使用を平均化させようと言う作戦です。さらにこれに違反した企業には何日間か電気の供給をストップするペナルティが課せられるらしい・・日本ではこんなこと信じられません!

それなのに 土曜日は朝の会議の終了間際に突然停電、すぐに復旧すると思っていたのですが、夜の
7時ごろまで復旧しないとの情報があり結局会社は休み、日曜日出勤と決まり、従業員は全員帰宅させられました。
 
停電はかなり大規模だったらしく、大手スーパーの新一佳や私の泊まっているホテル周辺も停電しており多くの飯店など週末を当てこんで仕入れた肉やいけすの魚など大被害だったのではないでしょうか。しかも文句を言う先が無い!当局は反省などしないのです。
 
<日本語学校>

こちらでは日本を始め各国の企業が進出しており外国語の習得に熱心な若い人が多いようです。
日本語が出来る、英語が出来る、それだけで収入がぐっと違うからでしょう。私は全くと言っていいほど
中国語は出来ないのですが、職場や取引先に日本語が堪能な人が配置されているので何とか仕事が出来るのです。でも時々”キャン ユー スピーク イングリシュ?”とやられてあわてます。
 
会社で通訳をやり夜日本語学校の先生をしている人がいるので、授業参観させてもらいました。私が
下手くそな中国語で挨拶するとみんな喜んでいました。もちろんネイティブな日本語もしゃべりましたよ。
 
あらためて日本語の授業を受けてみて日本語の難しさがわかったような気がします。こんな難しい日本語を習得している私なら、いつかきっと中国語もしゃべれるときが来ますよネ。真中で黒い服のメガネが
先生です。左手前でにやけているのが私、初回なので少し話が堅くなりました

次回は中華料理、床屋さんとか足裏マッサージなど考えています。

後藤卓@深セン 

 

このページは,白新中学校同窓会と白新中学校が協力して運営しています。

ご意見ご要望がございましたら,
masa_tanemura@sakai-ltd.co.jp  までメールをいただきたいと思います。

また,このページのURLは変更することがあります。ブックマークは,白新中学校のホームページ

www.hakushin.city-niigata.ed.jp へお願いします。