節分紙芝居   

戻る
 

母校のHPへ


郁丸玉手箱・2号

白新同窓会通信・平成16年1月30日配信より

節分(せつぶん)紙芝居

 作・絵 29期
高橋郁丸


2月3日は節分(せつぶん)です。この日(ひ)、鬼(おに)がやって来(く)るといわれています。
かくれミノを着(き)ているので、ふつうは目(め)に見(み)えません


鬼(おに)が来(く)ると、病気(びょうき)になったり、災難(さいなん)がおこったり、
悪(わる)いことがあります。だから、鬼(おに)を入(い)れないように、鬼(おに)の
嫌(きら)いなものを用意(ようい)します。



鬼(おに)はくさいものが大嫌(だいきら)い。イワシ(いわし)の頭(あたま)を用意(ようい)します。
ヒイラギ(ひいらぎ)の葉(は)っぱのトゲトゲ(とげとげ)も、鬼(おに)の目(め)をつつきます。



鬼(おに)が一番(いちばん)きらいなものは豆(まめ)です。
それで、日本(にほん)では節分(せつぶん)に豆(まめ)をまくようになりました。



豆(まめ)をまくときには、「鬼(おに)は外(そと) 福(ふく)は内(うち)」といいながらまきます。
玄関(げんかん)や家(うち)の中(なか)にまくので、鬼(おに)は家(いえ)の中(なか)に
入(はい)れません。
 


節分(せつぶん)の豆(まめ)は、としのかず食(た)べると、しあわせになれるそうです。
豆(まめ)が多(おお)すぎて食(た)べきれない人(ひと)は、おちゃのはにまぜて
お湯(ゆ)をそそいでのみます。



節分(せつぶん)の夜(よる)、鬼(おに)は去(さ)っていきます。



節分(せつぶん)のつぎの日(ひ)は「立春(りっしゅん)」です。
暖(あたた)かい春(はる)がやってきます。寒(さむ)い冬(ふゆ)とはさよならです。
節分(せつぶん)のあとはハッピーな春(はる)がやってきます。

おしまい

<監事より>

 高橋さんのホームページには、民話・昔話・歳時記などの話題が満載です。
 どうぞご覧ください。
 http://www.geocities.co.jp/SilkRoad-Forest/9498/fumimalusokai.htm

 

 

このページは,白新中学校同窓会と白新中学校が協力して運営しています。

ご意見ご要望がございましたら,
masa_tanemura@sakai-ltd.co.jp  までメールをいただきたいと思います。

また,このページのURLは変更することがあります。ブックマークは,白新中学校のホームページ

www.hakushin.city-niigata.ed.jp へお願いします。